スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一升一鯛

ずいぶん長い間 結婚式の撮影に携わっておりますが
この春 初めて『結納』の儀に同行しました。


大阪を出発して滋賀の花嫁さんのご実家まで向かう道すがら
新郎となる幸治さんと お母さんはipadで結納の手順を確認。
ipadからはなんだかおふたりの行く末を暗示するような光が出ておりました^^。

結納式1


おそらく総重量30キロほどある結納セット。
これを一回で玄関まで運ばねばなりません。

結納2


貴美子さんのお宅に到着 
挨拶を済ませ 後は無言で結納のお品を並べるのがしきたりです。

結納品陳列


花嫁さんとお父さんが見守る厳粛な雰囲気の中 
幸治さんの額には緊張の汗が。

結納4


丁寧にお品の形を整え

結納竹


そしてまた汗を拭き

結納汗


一品一品に 想いを込めて並べてゆきます。


エンゲージリング


立派な結納のお品と共に 一升のお酒と見た事も無い立派な鯛が納められました。


結納9品



『一升一鯛』=『一生一代添い遂げる』という意味だそうで
幸治さんの 貴美子さんへの想いとご両親に対する固い誓いが込められています。


貴美子さんのご実家は滋賀の老舗の和菓子屋さんです。

結納紅白まんじゅう

とても美味しい紅白まんじゅうを 私もいただきました。

いつもはお客さんの為に 丁寧に作っておられるであろうお菓子を
この日は 愛娘の貴美子さんの為に 
ひと際特別な想いでお作りになったのだと思うと 胸が熱くなりました。
ずっしりと重い餡子。






結納親子





ご両親の想いが詰まっていました。






スポンサーサイト
  1. 2012/06/04(月) 12:12:22|
  2. ケッコンシキ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。