スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かぐや姫と天の涙

雨空を見上げて 花嫁のお母さんがため息をつく。



『門出の日に雨も良いもんやよ。
きっと 花嫁さんの嬉し涙やわ。』


・・・とおっしゃるご親族の方に



『何言うてんのん。これは私の涙やて。私の寂し涙や。』


・・・と 少し冗談まじりに返すお母さん。




そのやりとりを聞いていたからか
花嫁を見つめるお母さんの背中はなんだかとても切なかった。




apr4_096.jpg




お父さんは 娘の姿を眼の奥に焼き付けようとする・・・けれど

なかなか まっすぐに見れないでいる気がした。


apr4_233.jpg




十二単の最後の衣は ご両親の思いかもしれない。



apr4_059.jpg



長い間 愛されて慈しまれた花嫁は



輝きながら天に帰る かぐや姫のように見えた。


apr4_168.jpg


















スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 18:16:26|
  2. 出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。