スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おかえり。

手術室へ続く廊下

『ご一行様』と言ってもおかしくない集団がわらわらと歩く。


私と妹二人とそれぞれの子供達で計8人。




一番小さな三歳の甥っ子も 
『おじいちゃんに何かが起きてる』って感じてるらしく
不気味なくらい口数が少ない。


手術室に入る直前
お父さんが両手を差し出した。


そこにいた全員が ほぼ一斉にその手を握る。



一番下の妹が

『お父さん 絶対帰ってきてや!みんな待ってるから!』





お父さんは 静かに微笑み 目をつぶる。


閉じた目から涙がこぼれる。







人生の中で これほどの覚悟をする事ってそうそう無い。

自分に『死』の可能性があるなんて・・・

私なら絶対無理だ。



お父さんは九州男子で 寡黙でずんぐりむっくりで(笑)。


決して強いだけのイメージではなかったけれど
なんだか運命に抗う事無く生きてきた人のような気がする。




五時間に渡る手術を終え 
ICUに入ったお父さんの身体は土色で 手は氷のように冷たい。

ちゃんと生きてるのに みんな嗚咽を止められない。

回復するのか このままなのか
気を抜いちゃいけないと言われてたから。



その時 執刀した院長先生が登場した。

しかも おそろしくハイテンションに。



『いやー、こんなん出てきたわ!
ゼリーみたいでしょ。ぷるぷるやわ。』



嗚咽の一同 一瞬固まる。



・・・こら おっさん。





・・・と一瞬切れかけるも 執刀医がご機嫌という事は
手術は成功なのか。



何でも 心臓腫瘍はこの病院では初めての症例らしく
キレイに摘出できた事で 執刀医としてはかなりステイタスだそうな。

17607868_4143106614s.jpg




このアラーキー似のドクター 空気は読めないが
意外に名医らしい。






先生 ありがとうございました。





おとん 復活^^w


まだまだ 身体にいろんな管が刺さってて サイボーグみたいやけど^^;



17607868_4193174001s.jpg



撮りたかった写真を撮れる事が
こんなにシアワセなんだと あらためて実感・・・。




カミサマアリガトウ・・・。





みなさま 心配をおかけしました。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/09(土) 22:55:41|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。