スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乳房

一人の女性を紹介された。
とても清楚で上品な40代半ばの方で
笑顔がとてもかわいらしい。


明後日が乳ガンの手術で
片方の乳房を取ってしまうという。


『無くなってしまう前に ふと残しておきたくなったんです。』


その言葉から 言い知れない重みと思いが伝わってくる。





なんだろう この気持ち。

少しの緊張・・・というか責任というか
いつにも増して胸が熱い。



『大切に撮らないと』と表現するのがぴったりかな。



いつも どんな時も大切にシャッターを押すけれど




“無くなってしまう乳房”

     と

“覚悟を決めた優しく穏やかな笑顔”


     が同じ女である私を震わせる。



自分に置き換えてみる

乳房が無くなるってどんなカンジだろう。


目の前のこの人のように こんな穏やかな笑顔で
いられるだろうか。




なんだか異常に感情がたかぶる

 涙が溢れる





私は私を 抑えながら

 精一杯 私を注ぐ




その強さと美しさと 最後の乳房に

スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2006/04/03(月) 01:30:58|
  2. きゅっ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。